トクホ(特定保健用食品)についての説明

トクホ(特定保健用食品)とは、国が国民のために正しく食品選びができるようにするための制度です。

 

トクホ(特定保健用食品)とは、「許可等を受けて、食生活において特定の保健の目的で摂取をする者に対し、その摂取により当該保健の目的が期待できる旨の表示をする食品」
というように、消費者庁が定義しております。

 

そして、特定保健用食品を略してトクホとよばれています。

 

現代では、○○に効果がある、○○な安全性などを簡単に謳っている商品が乱立していますが、
このたくさんの商品群の中から国民がしっかりと商品を選べるように、定めた基準がトクホ(特定保健用食品)という制度になります。

 

簡単に言うと、本当に効果がある商品にだけ与えられた称号のようなものです。
つまり、本サイトで取り上げているイマークSは、その称号を受けているという事になります。

 

トクホ(特定保健用食品)の歴史

 

トクホ(特定保健用食品)という制度は、1991年に開始され、その制度の内容にに関する事務手続きや、有効性と安全性の評価を厚生労働省がおこなってきましたが、
2003年になると食品安全基本法が制定されて、その評価を食品安全委員会に移管されることが決まりました。

 

さらに、6年後の2009年には、食品衛生法やJAS法、健康増進法等の法律が消費者庁に移管されていきましたが、
同じようにトクホの制度も厚生労働省から消費者庁に管轄が決定されました。